ITパスポート試験の難易度

比較的易しい試験。でも活用度は大きい!

ITパスポート試験は、情報処理技術者試験(国家資格)のなかで、最も難易度が低い試験とされています。これまでの試験の結果をもとに、ITパスポート試験の難易度、その実際を見ていきましょう。

【これまでの試験結果】
年度・回 受験者数 合格者 合格率
2009年度春季 39,131人 28,540人 72.9%
2009年度秋季 61,313人 31,080人 50.7%
2010年度春季 52,299人 22,098人 42.3%
2010年度秋季 60,056人 31,161人 51.9%
2011年度春季 48,482人 21,714人 44.8%
2011年度秋季 46,545人 28,503人 61.2%
2012年度春季 21,531人 8,062人 37.4%
2012年度秋季 29,318人 11,443人 39.0%
2013年度春季 32,698人 14,964人 45.8%
2013年度秋季 30,969人 15,308人 49.4%
2014年度春季 36,147人 16,708人 46.2%
2014年度秋季 31,459人 15,688人 49.9%
2015年度春季 39,844人 18,504人 46.4%

どんな資格試験も、開設当初は試験が簡単で、合格率も異例に高くなる傾向があります。
ですから初回の2009年度春季の合格率72.9%は度外視して考えましょう。

その後はほぼ合格率50%前後で推移しています。平均するとITパスポート試験は「合格率50%弱の国家試験」と見ていいのではないでしょうか。
実は資格がスタートしたときに想定されていた合格率も50%だそうです。

難易度が50%に近い試験をピックアップしてみます。
・情報検定(J検)2級・・・55%
・DTPエキスパート・・・42%
・CAD利用技術者・・・48%
・秘書技能検定・・・48%
・貿易実務検定・・・52%

●合格率50%の試験でも、活用度の高い資格はたくさんあります。

合格率50%といえば、受験者の2人に1人は受かる試験です。しかしこうやって並べてみますと、合格率50は%前後と難易度が易し目の試験であっても、企業活動において認められている資格がたくさんあることがわかります。

そして上記並べた資格のなかでITパスポート試験は、年間の受験者数が10万人前後と、秘書技能検定と肩を並べ、人気の高い試験です。